当事務所では介護タクシーの開業サポートに特に力を入れています。

介護タクシーは車一台からという、比較的開業の低いハードルで開業することが出来ます。

ただし、役所での許可をもらわないと営業が出来ないので、許可をもらうための準備が必要です。

当事務所では許可から営業開始、営業後のサポート等に力を入れております。

許可までの流れ

許可までの流れはものすごく大まかに言うと下記のようになります。

1,許可の要件を整える

まずは許可申請の前に、必要な人、必要な車や施設、必要な資金を集めます。

開業申請書には、集めた物を書き込み、それが開業に足る物かを見て許可が下ります。

・人的要件

最低人員:2人

主要4ポジション

運転者  :第二種自動車運転免許が必要
運行管理者:営業車5台未満は特になし。誰でもなれる。
      営業車が5台以上で開業する場合は、運行管理試験に合格する。
整備責任者:営業車5台未満は特になし、誰でもなれる。
      営業車が5台以上で開業する場合は、整備士資格が必要。
指導主任者:誰でもなれる。

↓詳しくは下記記事まで。

・物的要件

営業車:福祉自動車、セダン型等、いずれか1台以上
営業所:狭すぎないこと
休憩所:営業所の一角にパーテーションでも可
車庫 :営業車の前後左右に50cmずつ余裕がある、洗車点検設備付き。

詳しくは下記記事まで。

・資金要件

上記の人、物を揃えるための資金の50%が目安。

↓詳しくは下記記事まで。

2,申請する

申請書を書く。
申請用添付書類を集める。
添付書類をつけて申請。

3,料金運賃の届出

何パターンかから選ぶことになります。

4,法令試験を受ける

月一回、運輸局の指定場所にて。

↓詳しくは下記の記事まで。

5,審査開始

試験に受かったら提出した書類の審査が開始される。
不備がなければ許可が降りる。

6,許可証の交付

許可証が降りれば事業が始められます。

7,登録免許税の納付

3万円払い込みます。

8,車両の検査・登録

ここで、白ナンバーを緑ナンバーに変えます。

9,運輸開始届の提出

営業許可申請時に「見積もり」や「計画」で提出した物を、本契約にして運輸を開始します。

開始した後30日以内に、運輸局に運輸開始届を提出します。

車、営業所、保険、各ポジションの正式選任等の書類と、それを裏付ける証拠添付書類を一緒に提出して運輸を開始します。

↓運輸開始届(全4回)

10,営業開始

ここで晴れて営業開始です。



これが介護タクシー開業までの一連の流れです。
※かなり大まかです。細かい点は各記事で対応させていただきます。

1台から始められ、4台まではこの許可内で比較的容易に拡大できます。5台から要件が少し厳しくなります。

やはり、少ない台数から始められて、徐々に拡大されていくパターンが多いようです。

開業までの作業量は大変多いので、面倒な役所の許可周りの事、書類集め、申請の代行、この辺りは私にお任せいただき、手分けしてやりましょう。事業者様は営業活動や事業計画に集中していただけます。

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。