当事務所では介護タクシーの開業サポートに特に力を入れています。

介護タクシーは車一台からという、比較的開業の低いハードルで開業することが出来ます。

ただし、役所での許可をもらわないと営業が出来ないので、許可をもらうための準備が必要です。

当事務所では許可から役所への許可申請の代行、営業開始前、営業開始後のサポート等に力を入れております。

許可までの流れ

許可までの流れはものすごく大まかに言うと下記のようになります。

手順備考詳細記事
①集める人:最低2人、要二種免許
物:営業車最低1台、営業所、休憩所、車庫
金:向こう一年分の資金の半分
  初期費用の全額
開業に必要な人員
開業に必要な物件
開業に必要な資金
②申請する営業許可申請
 ・営業所や営業車、車庫等の写真撮影
 ・添付書類収集
 ・不動産や営業車、保険等の見積もり取り寄せ
運賃認可申請
 ・6パターンの運賃から選ぶ
営業許可申請記入法(全10回)
運賃認可申請
③法令試験を受ける事業者か役員の方、どちらでもOKです。
運転免許試験くらいの難易度です。
法令試験について
④合格後審査開始審査期間2~3ヶ月。
不備がある場合補正等求められることがあります。
⑤許可証の交付不備がなければ許可証が交付されます。
⑥運輸開始前の準備登録免許税の納付
車両の検査・登録
タクシーメーターの検定
保険本契約
自動車購入
施設の準備
緑ナンバー取得方法
タクシーメーターの検定
運転手適性診断
運転手健康診断
新規事業者講習会
営業車に社外表示
アルコール検知器購入
⑦営業開始準備が出来次第営業開始してOKです。
⑧運輸開始届の提出営業開始後30日以内に提出します。運輸開始届け記入法

弊所に依頼するメリット

上記の表のうち②④⑤⑧については弊所に依頼いただけます。

②申請書の記入作成、添付書類の収集

下記の全て弊所で承ります。

・申請書の記入、作成
・添付書類の収集(役所で取得する書類も含め)
・車庫、営業所、営業車等の写真撮影(申請書に必要)
・測量、見取り図の作成(申請書に必要)

全部やろうとするとかなり時間が取られます、弊所にお任せ下さい。

④申請する

作成した書類について、役所へ申請を代行出来ます。

提出後も追加や補正を求められたりしますが、これらは弊所ですべて対応させていただきます。

⑤許可証の交付

運輸局で許可証の受け取りの代行も可能です。平日昼時間が開けにくい等の場合はお任せ下さい。

⑧も依頼いただけた場合、許可証の受け取りと同時に⑧の準備もここで行なえます。

⑧運輸開始届け作成、提出

下記全て承ります。

・申請書の記入、作成
・添付書類の収集(役所で取得する書類も含め)
・車庫、営業所、営業車等の写真撮影(申請書に必要)
・測量、見取り図の作成(申請書に必要)

届出なので、審査等なく、提出して不備なく受理されれば終わりですが、書類の数に結構なボリュームがあります。

運輸開始前後が一番忙しい時ですので、営業許可申請と併せてご依頼下さい。

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

・開業前の準備物について
・開業申請手続きについて
・開業許可後から運輸開始の準備について
・増車、車庫増床、人事の変更届について
・事業譲渡、法人成りについて
・事業拡大、関連事業について
・その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ