介護タクシーの営業軽自動車でできる?

車いすやストレッチャーを乗せる比較的大きな車というイメージがある介護タクシーですが、軽自動車で営業ができるのでしょうか。

そんな小さい車で介護タクシーができるのか、車いすは乗るのか、そもそも軽自動車で営業許可は下りるのか。法律で禁止なのでは?

などの疑問点にお答えしていきます。

法律面での可不可

結論から言うと可能です。

尚、一般タクシーについては軽自動車禁止です。一部、電気自動車のみ軽自動車が認められていますが、原則は禁止です。

しかし、介護タクシーは軽自動車での営業が認められています。法律で禁じられている事はありませんし、実際軽で営業されている事業者様も沢山いらっしゃいます。

ストレッチャーは厳しいですが、車いすは乗ります。車いすに特化した運営という事でも考えることが出来ます。

軽自動車のメリット

維持費が安い

・税金
・燃費
・任意保険

車両価格については最近普通車とあまり差が見られなくなってきましたが、維持費についてはまだまだ軽自動車は優遇されています。

スモールスタートを計画している場合は選択肢の一つになります。

狭い住宅地に入っていきやすい

都心等で営業する予定の場合、狭い道等も多いと思いますが、軽だと比較的入っていきやすいです。

介護タクシーは比較的中大型車が多いので、自分の商圏が密集住宅地である場合は、他の業者に差がつけられます。

介護タクシーは乗降の時間が一般タクシーより長くなる事が予想されますが、軽はその時間も比較的邪魔になりにくくあると言えます。

認可運賃が安い

若干ですが、軽自動車だと認可運賃が安いのでこれも他の業者と差がつけられます。

当然、利用者様の負担も減るので喜ばれたり、その分基本介助料や機材レンタル料などのクォリティを上げることもできます。

軽自動車のデメリット

ストレッチャーを乗せられない

基本的に車いすのみの運営になると思ったほうがいいです。

物よっては出来なくもないのでしょうが、厳しいので、ストレッチャー対応の同業者と組む等の工夫が必要になるかもしれません。

または、増車の際に2台目は軽にして使い分ける等も考えられます。

大型車より揺れる

軽自動車というからには当然軽いので、段差や風の影響を受けやすいです。

介護タクシーは、体の不自由な方が乗車することが想定されます、自分で自分の体を支える力が弱い利用者については、振動が多いと疲労も増える事が予想されますので、特に注意が必要になります。




以上が軽自動車のメリットデメリットです。

ただ、受け持っている利用者様たち、地域の状況、地理、事業の財政状況等を考慮するとデメリットがメリットになる場合も充分ありますので、総合的に勘案して決めたいですね。

まとめ

・介護タクシーは軽自動車でも開業許可が降りる
・ランニングコストや運賃が安目にできる。
・ほぼほぼ、車いすのみの運営になる
・揺れるから注意

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。