介護タクシー必須、法令試験の申込

介護タクシー開業申請書書いてみた第10回最終回は、法令試験の申込書です。

便乗とかなんというか、開業申請書に付随して強制申し込みさせられます。どのみち受けなければならないので手間が省けるというものです。

こういう書面になります。

法令試験申込書

これも名前と住所と日付を書くだけで終わりです。

代表者又は役員一人受かっていればいいのですが、個人事業の場合は代表も役員も自分なので、必ず自分が受けます。

法令試験とはどんな試験なのか

試験の出題範囲

・道路運送法
・道路運送法施行令
・道路運送法施行規則
・旅客自動車運送事業運輸規則
・旅客自動車運送事業等報告規則
・自動車事故報告規則
・その他一般旅客自動車運送事業の遂行に必要な法令等

40分で30問、○✕形式。

80%(24問)正解で合格。

下記の書籍が持ち込めます

旅客自動車運送事業等通達集 ¥6,600
運行管理者試験 問題と解説 旅客編 ¥2,600
注解 自動車六法 ¥6,270

2冊は辞書くらいの分厚さの本になります。しかも結構高いです。正直この試験でこんな本持ち込むのはオーバースペックな気もしますが、この3冊しか持ち込みを許可されていません。

過去問

過去問については、下記のリンクに結構な量が公開されているので、これを攻略しておけばほぼ大丈夫じゃないでしょうか。

一般乗用旅客自動車運送事業(個人タクシーを除く)の法令試験について:近畿運輸局

上記の書籍にもありますように、運行管理者試験(旅客)と試験範囲が同じくするので、そういった問題集や、問題アプリを買って暫くやり込むといいかもしれません。アプリは無料の物もありました。

私もこの過去問をいくつか見てみましたが、難易度としては運転免許のときの試験くらいだと考えると構えなくて済むかもしれません。

出題例

・他人の需要に応じ、有償で、自動車を使用して旅客を運送する事業は、道路運送法に規定する旅客自動車運送事業に該当しません。

解答:✕

令和4年3月度 運送業法令試験より抜粋

・タクシー事業者は、他人に事業を貸し渡して経営させることはできませんが、その名義を他人に当該事業のために利用させることはできます。

解答✕

令和4年3月度 運送業法令試験より抜粋

・タクシー事業は、道路運送法の「一般貸切旅客自動車運送事業」に該当します。

解答✕

令和4年3月度 運送業法令試験より抜粋

概ねこんな感じの問題がでます。そこまで構えなくても良い試験であるとわかっていただけたはずです。

ご希望ありましたら試験対策お手伝いします。よろしくお申し付け下さい。

まとめ

・開業申請書と同時に、法令試験も申し込むことになる。
・法令試験に受かったら申請書の審査が開始される。
・運転免許の試験くらいの難易度。

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。