介護タクシーの指導主任者とは

指導要領に沿って指導

介護タクシー営業許可申請の時に、地元の地理やお客様への接し方、お客様以外の方への接し方や注意などを指導する「指導要領」を作ります。

そして、開業後は作った通りに従業員を指導する必要があります。その指導要領通りにちゃんと指導する責任者が指導主任者となります。

なにか特別な資格が必要なわけではないですが、指導不足により不備があった場合に責任を取る立場となりますので、社長、代表者様や、それに準ずる地位の方が就くと指導力が高く、良いとされています。

一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)の許可に関する審査基準及び細部取扱について

(8)運転者に対して行う営業区域に愛に地理及び利用者等に対する応接に関する指導監督に係る指導要領が定められているとともに、当該指導監督を総括処理する指導主任者が選任されていること。

近畿運輸局の審査基準より抜粋

役割

・運転者に対して営業地域の地理特色等を指導。
・利用者様に対しての接し方、注意点を指導。
・上記の内容を「指導要領」として作り、それに沿って指導。
・どんな指導をだれに行ったかについて記録し、1年間保存する。

資格

・特に資格は必要なし、誰でもなることが出来る。
・指導要領に沿ってする立場なので、地理や接客の知識を持っている人が望ましい。
 (事故等があった時に指導責任を問われるので、立場が高い人が望ましい)
・立場上、事業主や代表、それに準ずる地位の方が就く事が多い。

兼任

・運行管理責任者と兼任ができる。
・整備責任者と兼任ができる。
・運転者と兼任ができる。

特に「これに注意」というのが少ないポジションです、兼任はどことでも出来て資格も必要ありません。指導するだけの知識があれば尚良しです。

道路運送法第39条

一般乗用旅客自動車運送事業者は、事業用自動車の運転者に対し、営業区域内の地理並びに旅客及び講習に対する応接に関し必要な事項について適切な指導監督を怠ってはならない。

道路運送法第四〇条 指導及び指導主任者

1,一般乗用旅客自動車運送事業者は、前条に規定する事項についての指導監督に関し、少なくとも指導監督の内容、期間及び組織に関する事項が明確にされている指導要領を定めなければならない。
2,一般乗用旅客自動車運送事業者は、前項の指導要領による指導監督に関する事項を総括処理させるため、指導主任者を選任しなければならない。
3,一般乗用旅客自動車運送事業者は、第一項の指導要領による指導監督を行ったときは、その日時、場所及び内容並びに指導監督を行った者及び受けた者を記録し、かつその記録を一年間保存しなければならない。

道路運送法より抜粋

法律で定められている役割は上記のみです。そんなに役割は多くないですが、営業区域内の地理や、接客の技術、介護の技術など多岐にわたった知識をお持ちの方が望ましいです。

以上が指導主任者の概要でした。営業許可の申請のときに、申請用紙に名前を書くので、申請前にはどなたが担当するか、明確に決めておきましょう。

指導主任者を変更する時は、運輸支局に変更届が必要です。忘れずに提出しましょう。

面倒な変更申請手続き等、承ります。お任せ下さい。

まとめ

・指導主任者になるのに特に資格はいらない。
・指導の威力が高い、上のポジションの方が望ましい。
・社長や代表、番頭さんなどが収まるのがヨシ!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。