介護タクシー用の車庫の条件

介護タクシーを開業するにあたって、当然営業車を停めておく車庫が必要です。

「普通に月極駐車場借りればいいでしょ」なんて思うかもしれませんが、実はちょっと違う車庫を借りなければなりません。

借りてから開業の要件に引っかかって別の車庫を借り直しなんてことは避けたいです。

ではどんな車庫を借りれば良いでしょうか。大阪で介護タクシー開業運営を専門としている行政書士が徹底解説します。

この記事を最後まで読むと、開業の要件に引っかからない車庫を選ぶ方法がわかります。

介護タクシーの車庫の要件

・原則営業所に併設されている
 (できない場合は営業所から半径2キロ以内。)
・車両の前後左右に50cmの余裕がある
 (ギリギリの車庫だとダメです。)
・車庫とそれ以外のエリアがちゃんと分かれている。
 (元々車庫として使われいた所ならスムーズ)
・未来に向かって3年以上借りている
 (または1年で自動更新でも可)
・申請者の自己所有でない場合は使用承諾書が必要。
・車庫が違法な建物ではない、車庫にしてはいけない土地ではない
 (建築基準法、都市計画法、農地法、消防法に触れていない)
・点検整備の施設がついている。(工具備え付け・水道必須)
・前面道路が狭すぎたりしない、入り口が狭すぎたりしない

このあたりになります。

元々駐車場として使われている土地を借りた、買ったなどならスムーズです。駐車場でなかった土地を今回初めて駐車場とする場合は、調査が必要な場合があります。

ただし、元々駐車場であった土地に水道がついていることは少ないです。その場合、近くのガソリンスタンド等と契約し、水道の使用を承諾して頂く為に一筆もらうと要件がクリア出来ます。

要件を整えると自然と業務もしやすくなるというごく当たり前の条件となります。

近畿運輸局の介護タクシー審査基準

6,自動車車庫
(1)原則として営業所に併設するものであること。
ただし、併設できない場合は、営業所から直線で2キロメートル以内の営業区域内にあって運行管理を始めとする管理が十分可能であること。

細部取扱について
(1)について
・1営業所に対して著しく多くの自動車車庫を設置する等不自然な形態での事業用自動車の分散配置は、適切な運行管理が行われない恐れが高いことから認めないこととする。
・運行管理を始めとする管理については、運行管理の他、事業用自動車の車内の掲示、点検整備、応急用器具等の備付等の管理であって、事業計画に照らし個別に判断することとする。
(2)車両と自動車車庫の境界及び車両相互間の間隔が50cm以上確保され、かつ、営業所に配置する事業用自動車のすべてを収容できるものであること。
(3)他の用途に使用される部分と明確に区画されているものであること。
(4)申請者が、土地、建物について3年以上の使用権限を有するものであること。
(5)建築基準法、都市計画法、消防法、農地法等関係法令に抵触しないものであること。
(6)事業用自動車の点検、整備及び清掃のための施設が設けられていること。
(7)事業用自動車の出入りに支障がない構造であり、前面道路が車両制限令に抵触しないものであること。

一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業)の許可に関する審査基準及び細部取扱についてより抜粋

車庫の大きさの決まり

車庫の大きさについては、選んだ営業車に対して前後左右に50cmの余裕がある駐車場でなくてはなりません。

図解すると右記のようになります。

詰まる所、車の寸法に加えて前後1m,左右1mの余裕があればいいということです。

運送業となりますので、簡単な点検及び整備をするためのスペースとしてこれだけの余裕が必要であるとされています。

前面道路の広さの決まり

規定の道路幅は

(営業車の幅☓2)+0.5m

と営業車の幅の二倍以上の余裕が無いと許可が降りません。

図解すると右記のようになります。

仮に車幅1.65mの車だと1.65☓1.65+0.5で、前面道路3.8m以上ある駐車場でないと許可が降りないということになります。

実際の所、それくらいないと駐車場の出入りに切り返しが必要になったりとかするので、なんだかんだ広い方がいいです。

乗用車よりは比較的大きくなりがちな介護タクシーなので、駐車場から出にくい、何回か切り返さないといけない、挙げ句出られないなんてことになっては本末転倒です。しっかり吟味したいですね。

水道が確保できない場合は借りれる

水道付きの駐車場を探すのはなかなか大変です。

その場合、周囲のガソリンスタンドや洗車場等を利用する事で、水道に代える事が可能です。

ただし、持ち主(ガソリンスタンドのオーナー等)から承諾書だけ一筆頂いて申請の時に一緒に提出する必要があります。

書式に決まりはありませんが、下記のような書面を持ち主に書いて、判子を貰って下さい。

下記は例として、介護タクシーオフィスたかはしが、たかはし石油に洗車場を借りる場合にもらう承諾書となります。

前面道路の幅員証明書

開業申請時に、営業許可の申請時に自治体でもらえる「道路幅員証明書」の添付を求められます。
詰まる所、駐車場前面の道路が狭すぎると許可が降りないのです。

道路幅員証明書の取得方法

幅員証明書は、自治体に申請すれば貰えますが、発行廃止している自治体が増えてきているので、その場合は自分で道路を測定して宣誓書という形での提出になる場合もあります。

幅員証明廃止の自治体で車庫を増やす方法

更には、前面道路が広くても公道でない(私道)場合があります、これも役所で調査できますので、ちゃんと調査を行なった上で駐車場を決めましょう。

私道の場合は、私道の持ち主に使用の許可をもらった書類が更に必要なので面倒が増えます。

これらのことを踏まえて、車庫を選んでいきたいですね。

変更時の届出

移転等による車庫の変更、増車による車庫の増床は、運輸局への申請が必要です。

移転先や増床する車庫についても要件に当てはまっている必要があるので、それを証明する添付書類が必要です。忘れずに届け出るようにしましょう。

選んだ車庫が要件に合っていないと思ったら

・車庫が狭い
・前面道路が狭い
・駐車場の入口が狭い
・水道がない
・車庫の建物がかなり古い
・車庫の前が公道ではなく私道

等で車庫の要件が怪しい場合は、車庫を測定、写真撮影、具体的な住所の提示等を役所に行い交渉することも可能です。ひょっとすれば少ない改善点で許可が降りる車庫に出来る可能性も出てきます。

そういった役所との交渉については、行政書士は得意としています。ぜひ一度ご相談下さい。

行政書士オフィスたかはしメールフォーム

介護タクシーの開業に必要な人・物・資金リスト

介護タクシーは個人事業で営業車1台からも開業できますが、許可制ですので許可のために必要な物が揃っていないと許可が下りません。

下記、開業に必要な人、物、資金を解説した記事のまとめになります。

・開業に必要な指定人数と4つの人事
・開業に必要な4つの施設
・開業に必要な最低限の資金のシミュレーション
【人事詳細解説】指導主任者の役割、適任な人
【人事詳細解説】運転者の役割、必要資格、適任な人
【人事詳細解説】運行管理者の役割、必要資格、適任な人
【人事詳細解説】整備管理者の役割、必要資格、整備できなくてもなれる?
【各施設の条件】条件にあった営業所の探し方
【各施設の条件】開業に必須の休憩所の確保の方法
【各施設の条件】開業申請が通る車庫の選び方(←当記事)
【各施設の条件】開業に適した営業車の選び方
【各施設の条件】違法建築ではない建物を見分ける
【各施設の条件】農地の上に施設があってはいけない
【各施設の条件】都市計画法で建物を立ててはいけない地域
【各施設の条件】消防法違反ではない建物の選び方

4つの施設、1台の車、2人の人を集めて頂く必要がありますが、揃える前からでも弊所にご相談、ご依頼頂きましたら、足りない物、揃えて頂くべき物をアドバイスさせて頂きます。

購入等してしまった後に「要件に合わない」等が出てくると経済的損害が大きいので、是非お気軽にご相談下さい。

まとめ

・車庫は営業所に併設されていればヨシ!
・無くても2キロ以内の近くにあればヨシ!
・もともと車庫として使われていた所だったら尚ヨシ!
・前面道路が広ければヨシ!
・3年以上使えればヨシ!

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

・開業前の準備物について
・開業申請手続きについて
・開業許可後から運輸開始の準備について
・増車、車庫増床、人事の変更届について
・事業譲渡、法人成りについて
・事業拡大、関連事業について
・その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ