介護タクシーの車両、乗用車ならなんでも?

介護タクシーは、最低車両数は1台から可能です。小さく始められるのが良い所です。

車両は乗用車なら何でもOKです、メーター他タクシーに必要な設備が既についている物、あとから付けられやすい物が望ましいです。

介護タクシーの種類

大きく分けると

・福祉自動車(車椅子やストレッチャー乗降用の設備付き)
・それ以外のセダン型等

どちらでも開業できます。

つまりタクシーの体を成した乗用車であれば開業できるということです。

車椅子若しくはストレッチャーのためのリフト、スロープ、寝台等の特殊な設備を設けた自動車、又は回転シート、リフトアップシート等の乗降を用意にするための装置を設けた自動車を福祉自動車という

国土交通省通達 国自旅第169号Ⅰ、1、(2)より抜粋

ただし、このどっちかによって開業の要件が変わってきます。

★共通

・1台以上の車両が必要。
・営業用のナンバープレート(緑ナンバー、軽自動車は黒ナンバー)
・運転者は2種免許が必要。

★福祉自動車の場合

・リフト、スロープ、寝台等がある福祉自動車。
・上記設備がある車の場合は、乗降介助技術資格(下記の1~5)の取得は努力義務。

★福祉自動車以外のセダン型等

・上記設備のないセダン型等の車の場合、下記の1~4の資格が必須。これを取得しているドライバーまたは同乗者が必要。

1,ケア輸送サービス従事者研修の修了
2,福祉タクシー乗務員研修の修了
3,介護福祉士の資格の取得
4,訪問介護員の資格の取得
5,サービス介助士の資格の取得

推奨は乗降設備付きの福祉自動車

介護タクシーをこれから始めようとする人の大体が福祉自動車での開業を想定しています、安全性、現場の負担、求人のしやすさ等の理由から、福祉自動車での開業がオススメです。

セダン型等の乗用車でも許可はおりますが、乗用車の場合は乗降介助ができるテクニックを持ったヘルパー等の資格を持った人が運転者になる、または常に同乗していることが必要になります。

人件費が余計にかかることや、欠員時の再募集において介護と二種免許のダブルライセンスを探さなくてはならない等、結構大変なことになります。

安全性の面でも、乗用車より福祉車両のほうが優れていますし、二種面と介護の資格のダブルで持っている人を探すのは大変です。

シングルライセンスなら求人も比較的楽に行えるという面でもオススメになります。

変更届

老朽化、借り換え買い替え等の営業車の変更、増車の場合は運輸局への届け出が必要です。変更後の車、増車した車も要件に当てはまっている必要がありますので、それを証明する添付書類も必要となります。忘れずに届出るようにしましょう。

まとめ

・車両は乗用車でもヨシ!
・乗用車だと運転手に介護系の資格がないとダメ!
・福祉自動車だと求人や安全性に優れていて尚ヨシ!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。