介護タクシーに交付、駐車禁止除外標章

前回、障害者自身に「駐車禁止除外標章」を受けられるという事をご紹介させていただきましたが、本来駐車禁止除外標章は、車両に対して出ます。

というわけで今回は本来の制度である、車両に対して交付される駐車禁止除外標章の紹介をさせていただきたいと思います。

駐車禁止除外標章

駐車禁止が除外されます。

・標識で駐車が禁止されている場所
・パーキングメーターの枠内

上記の場所に止めても駐車禁止除外が適用されます。

駐車できない場所

駐車禁止除外と言ってもどこでもOKというわけではありません。

下記の場所は駐車禁止除外を持ってしても駐車禁止です。

・標識で駐停車禁止の表示がある所。
・駐停車禁止路側帯
・歩行者専用路側帯
・パーキングメーターの枠外
・長時間
・車庫代わり駐車
・無余地場所(駐車したら道路が3.5m以上余裕がない所)
・歩道(道の端から75cm以上あけて停める)
・駐車場、車庫などの自動車用出口から3m
・道路工事から5m
・消防用機械器具置場、消化用防火水槽から5m
・火災報知器から1m
・交差点から5m
・横断歩道から5m
・曲がり角から5m
・バス停留所から10m

ほぼほぼ道交法で禁じられている場所です。

駐車できる、できない場所については、障害者自身に交付される駐車禁止除外標章と同じです。

有効期限

大阪府の駐車禁止除外標章の有効期限は3年です。

有効期限が切れる1ヶ月以内に更新手続きをすることができます。

駐車禁止除外標章を交付される車の種類

大まかに下記の種類です

・救急車等の医療用車両
・河川維持のための車両
・信号、道路標識、パーキングメーター等の設備の維持の為の車両
・電気ガス水道などのインフラの破損の緊急修復の車両
・緊急取材のための報道機関の車両
・歯科や医師の往診用の車両
・放置車両確認機関(民間の駐禁)が使用中の車両
・児童相談所等の車両(緊急時)
・狂犬病の犬を捕獲する車両
・郵便車
・患者輸送車、車いす移動車として自動車登録されており、現に歩行困難な者を移送中の車両
・裁判所の執行官が、裁判の執行や文書の送達の為に使用する車両

大阪府道路交通規則第2条の7第3項第9号

(9) 次に掲げる車両で公安委員会が交付する別記様式第1号の3の標章を掲出しているもの
(中略)
シ 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)に基づき、患者輸送車又は車いす移動車として自動車登録ファイルへの登録又は軽自動車検査ファイルへの記録がなされた車両で、現に歩行困難な者の輸送に使用中のもの

大阪府道路交通規則より抜粋

赤い文字の部分が介護タクシーに当たる所です。

注意事項

歩行困難な方の輸送中のみ

上記の大阪府の規則にも書いてある通り

「現に歩行困難な者の輸送に使用中のもの」

という条件がついているので、例えば障害者や高齢者を乗車させていても、歩行困難の方ではない場合は使ってはいけません。

車検証に「車いす移動車」と記載がある

車いすを乗車させられる車両でも、例えば後部座席を折りたたんで車いすを乗車させるような車両には、車検証にこれが書いていない場合があります。

一般タクシー会社が使っているUDタクシーやJPタクシー等は要注意です。

後方の総面積の半分以上が車椅子利用者のためのスペースとなっている事が条件になっています。

これについては、自治体ごとに対応が分かれる所になるので、各地警察へ問い合わせてみて下さい。

申請方法

大阪府警で申請書をダウンロードし、下記のように記入します。

※大阪府警のHPより転載

特に難しい部分はありません。住所名前、車両の保管場所の地図など、決まって居ることを書き込むだけです。

申請理由の部分については上記のように「介護タクシー利用者の輸送のため」と書いて下さい。

添付書類

・車検証の写し(車いす移動車とかいてあるもの)
・介護タクシーの営業許可証(営業区域が大阪府のもの)
・手数料はなし

発行は大阪府公安委員会、窓口は大阪府警察本部交通部交通規制課になります。申請書は窓口である警察に持参します。

申請代行お任せ下さい

行政書士オフィスたかはしでは、駐車禁止除外標章の申請の代行も承ります。

忙しい、時間がない等の際は是非ご利用下さい!

まとめ

・駐車禁止除外標章は車両に対して交付される
・車検証に「車いす移動車」とかいてある介護タクシーは対象になる
・警察に申請すれば、駐車禁止除外標章が交付される
・歩行困難な利用者を輸送中のみに使用できる。

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

オフィスたかはし料金表

・現在働いているが、介護タクシー事業者として独立したい
・現在介護事業所、福祉事業所を運営しているが、業務を拡大したい
・現在介護タクシーを運営しているが、運営を効率化したい、書類関係は外注したい

下記のメールフォーム及び電話FAX等でご相談下さい。

・現在介護タクシーを運営しているが、増車・車庫増・増員・人事異動等を行いたい

ヒヤリングを行い、手続きを代行させていただきます。

・既に独立する事は決めているが、何から取り組んでいいかわからない

この場合は弊所から開業に向けての準備物、準備事項等をリスト化してご案内します。
その中で、弊所でも可能なこともご提案します。車、車庫、人事、営業所など、経営にかかわる事は事業者様で決めて頂き、それらを書類化して役所へ提出、許可取得の流れになります。

事業者様と二人三脚で許可、運輸開始まで進めます。まずはお気軽にご相談下さい。

対応地域


対応地域小・対応強化地域:迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域:日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黄色):ご相談下さい。

・これ以外の地域:ZOOM、出張等ご希望あれば対応させて頂きます。

大阪全域、その周辺の京都亀岡以南、奈良市周辺、兵庫阪神地域は迅速対応。近畿2府4県の近畿運輸局県内については特に丁寧に対応させていただきます。

メールフォーム・連絡先はこちら

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。