介護タクシーの必要資金と調達法

開業申請用紙記入してみた第5回、資金調達方法編です。

この辺から書く所が少なくなってきて、楽になってきます。申請用紙の峠は超えました。

資金調達方法の書面

開業申請書にこのような書類がありますので、記入します。

個人開業の場合は、残高だけ書き込めば良いのでとても簡単です。銀行の残高証明書を添付するので、その発行番号と残高を記入すれば終わりです。

どれくらいの資金が必要か

前回、資金計画書をかきあげまして、我が事業の仮計画を立てた結果、120万チョイの資金が必要だということがわかりました。

↓前回の合計

↓前回の記事

・2ヶ月間耐えうるだけの当面資金。②
・1年間必要な資金の半分。(①の半分)

細かく言うとちょっと違いますが、大雑把には手持ちのお金が上記の条件の両方を上回っている必要があります。

下記の「事業開始当初に要する資金」とは、2ヶ月分の事を指すようです。

(2)所要資金が50%以上、かつ、事業開始当初に要する資金の100%の自己資金が、申請日以降常時確保されていること。

近畿運輸局の審査基準より抜粋

所要資金とは

所要資金の定義は、現金、キャッシュです。換金性が高いからと言って証券とかはダメです、証券を持っているなら申請前に現金化すると良いです。

キャッシュであれば、融資でも良いということです。

他人の口座のお金では勿論ダメです、自分の口座に入れておきましょう。

金持ちかどうかでは判断されません、それ相応の資金を、借りてでも調達できる能力があるかどうかという所を見られるそうです。

所要資金の証明方法

役所に札束持っていくわけにもいかないので、銀行に預けておいて

・銀行の残高証明書

これを銀行から発行してもらいます。

資本金や出資金ではなく、銀行の残高さえあればOKです。借りて銀行口座に入金する事で審査基準は満たせます。

いつの残高が見られるのか

すごく昔の残高証明では有効にはなりません。申請する際に指定されたポイントで残高を持っていなければなりません。

介護タクシーの開業申請における残高証明は、2回チェックが入ります。

1回目:開業申請提出時に、その一週間以内の日付のものを添付する。
2回目:法令試験をパスし、開業申請書類の審査が始まった辺り。

この2回で、残高証明の提出を求められると考えておいたほうがいいです。

申請の時に満たしていたからお金使っちゃったとなると2回目でハネられてしまう事があるので、開業申請が完全に通るまでは現金に手を付けないようにした方が懸命です。

次回、第6回は建物関係の宣誓書です

まとめ

・資金は借りて調達してもヨシ!
・現金が年間経費の半分かつ2ヶ月間の経費の全額を超えていればヨシ!
・開業申請時と、法令試験終了後の審査中に現金があればヨシ!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。