介護タクシーは高い?その分便利で安心?

初めて利用されたお客様で、割と仰る「こんなに高いとは思わなかった」という話です。

介護タクシーの料金システムは運賃+基本介護+機材レンタル料になっている事が多いです。

介護タクシーの運賃は、一般タクシーと同じです「○○キロ走ったら○○円」というのは決まっています。

最近は車いす乗車が可能なタクシーも増えているので、一般タクシーに車いす乗せてもらえば?という考えになるのですが、これはこれで限界があります。

では、一般タクシーのサービスの限界はどこで、介護タクシーはどこが便利なのでしょうか。大阪で介護タクシー開業運営を専門としている行政書士が徹底解説します。

この記事を最後まで読むと、一般タクシーのサービスの限界と、それ以上のサービスが可能な介護タクシーのサービスを知ることが出来ます。

介護タクシーの運賃

この距離制運賃の部分については、介護タクシーも一般タクシーとほぼ同じと考えて下さい。

★自動認可運賃

・事業者の申請に基づき、個々の事業者ごとに認可する仕組み。
・特定地域・準特定地域以外の地域に適用
・運賃ブロック(全国98ブロック)毎に自動認可運賃を設定。
・自動認可運賃は、個別事業者の審査を省略したとしても、道路運送法に定める運賃の認可基準と適合すると合理的に推認しうるものとして、上限と下限の幅を予め設定している。
・自動認可運賃内の申請が出されれば、個別審査をせずに自動的に認可される。

★下限割れの運賃扱い

・幅の下限を下回る運賃は、厳格な審査を個別に実施。
・認可にあたっては、一年の期限が設定される等の条件が付される。

国土交通省資料「タクシーの運賃制度について」より抜粋

詰まる所、タクシーの安値競争が起こらないために「この運賃なら自動的に認可するで」という運賃を決めています。これは介護タクシーもタクシーも共通になります。

介護タクシーはそこに加え、乗降介助料金やお迎え料金なんかが加算されます。

故に普通のタクシーよりどうあっても高くなってしまいます。

では普通のタクシー使えと言う話になりますが、介護タクシーでないタクシーは法整備が進んでおらず、出来ない事、許されていないことが結構あります。

一般タクシーで不便な点

・車椅子を乗降する設備がない
 (最近あるものも増えてきている)
・運転手が必ずしも介護の知識があるとは限らない。
 (介護タクシーの場合、乗降介助技術の習得の努力義務がある)
・他の乗客との差別的扱いが許されていない。
 (特別サービスを行い、特別料金を取ることを許されていない)
・何か事故が起こった時、責任が取れない
 (乗降介助が許されていないので、乗降中に怪我などがあっても責任が取れない)

上記のようになるので、最近UDタクシーのような車椅子を乗せられる一般タクシーが増えてきているものの、若干使い勝手が悪い物になってしまいます。

UDタクシーの法律上の立場は、すごく極端に言うと「乗せるスペースと設備はあるけど、乗せるのは自分でやってくれ」という事になってしまいます。なるべく早い法整備を望みたいものです。

介護タクシーの便利な点

これを裏返すと、全て介護タクシーのメリットとなります。

・車椅子、ストレッチャーを乗降させる設備がほぼついている。
 (または、乗降介助が可能な技術を持っている人が必ず乗っている)
・運転手が介護の知識を高い確率で持っている。
 (一部努力義務となっているが、義務化はされている)
・サービスの形態が柔軟
 (特別サービス(乗降介助)を行なって、特別料金を取ることが許されている)
・乗降介助がサービスの範囲内になる
 (何か事故があった場合、責任を持ってくれる、乗客が保護される)

責任の所在と利用者の保護

高いとは感じますが、勿論それだけ利用者が保護されるということになります。

乗降介助は有料すなわち、明確にサービスの範囲内となっているので、責任の所在がハッキリしています。サービスをする側も責任を持って取り組んでくれます。

つまり、何か事故等が起こった時も責任をとってくれるということです。

この代金だと思えば、納得の価格になってくるのではないでしょうか。

料金形態が柔軟に取れるので一概には言い切れませんが、おそらく普通のタクシーの距離制運賃に加えて¥1,500~¥2,000位プラスされるのが一般的ではないでしょうか。

「何か有った時に安心」って事であれば、お値打ち価格なので、こういった情報がもっと周知されればいいなあと思います。

まとめ

・介護タクシーは普通のタクシーより料金は高い!
・乗降介助、車から離れた介助にも対応してくれる!
・一般タクシーは介助をサービスに入れることが出来ない!
・事故が有った時は、介助がサービスに入っている介護タクシーの方が利用者が保護される!

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

・開業前の準備物について
・開業申請手続きについて
・開業許可後から運輸開始の準備について
・増車、車庫増床、人事の変更届について
・事業譲渡、法人成りについて
・事業拡大、関連事業について
・その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ