介護タクシーの事業計画書書いてみた

介護タクシーの開業申請書書いてみた第二回、事業計画書です。

第一回はこちらです↓

事業計画書については、指示通り埋めていけばいいだけです。どこで開業してどんな車で事業を行うかを書き込んでいきましょう。

そんなに難しいことはないです。

それでは記入してみた下記の物を御覧ください。1項目ずつ解説していきます。

1、営業区域

営業区域は、都道府県単位です。都道府県名を書きましょう。
法律では大阪府と書くと、

・大阪に営業所がある
・大阪府下で乗せる、または大阪府下で降ろす

を満たしていないと違反になります。他県に出て行ってもいいですが、発着どちらかは大阪である必要があります。

2、①主たる事務所

主たる事務所の名称は、個人事業主の場合は「本店営業所」と書きましょう。
住所は事務所の所在地になります。省かずに〇〇丁目○○番〇〇号と書くとスムーズです。

2、②営業所

個人事業で一箇所しか無い場合は「本店」とします。

本店所在地、電話番号、「借入」に丸印、借入先、借入期間を書きましょう。

ここで借入期間が3年より短いと許可が下りません。

ただし1年後であっても、契約が自動更新になっている契約書を添付すれば許可が下ります。

3,営業所ごとに配置する事業用自動車の数及びその種類ごとの数並びにタクシー及びハイヤーの別ごとの数

各営業所に何台ずつ車を配置するか書きます。

・車は1台ですので「1」
・福祉自動車で始めるので1台中1台が福祉自動車になり「(1)」
・1台中1台が福祉自動車という事になるので「1(1)」

という記入になります。

・事業用自動車総合計が1(1)
・うち普通車が1(1)
・タクシーの合計が1(1)

このようになります。

主な事業用自動車の明細

介護タクシー申請書、主な事業用自動車の明細

・車両は1台
・種類は普通か特殊、大体の場合普通車です。車検証に書いてあります。
・社名はメーカーでいいそうなので、日産セレナで想定した場合「日産」
・型式はカタログなんかで出ている物をそのまま書く
・寸法も載っているはずなのでそのまま書く
・購入先、またはリース先を書く

カタログスペックをほぼ書き写すスペースになるのでカタログ通りに書きましょう。

4,自動車車庫の位置及び収容能力

車庫は本店営業所に併設の車庫の場合は「本店車庫」と記入しましょう。住所、何代収容可能か、面積、「借入」に丸印、借入先、借入期間を書き込みます。ここで

・住所は、本店営業所から2km以内か
・車の台数以上の車庫があるか
・車に前後左右50cmの余裕がある面積があるか
・借入期間は3年以上あるか

この辺りがチェックされます。

5,事業用自動車の乗務員の休憩・仮眠施設の名称及び位置

休憩所および仮眠施設本店併設の場合「本店休憩所仮眠施設」と書きます。本店併設なので本店と同じ住所、「借入」に丸印、借入先、借入期間も同じになるはずです。

本店内をパーテーション等で区切っても許されますが、狭すぎるとダメです。特に記載するところはないですが、運送業の目安としてドライバーの人数✕2.5㎡は確保したい所です。




以上が事業計画の申請書の書き方となります。

規定に従って準備した結果を粛々と書き込むだけになるので、ややこしい所はないはずです。むしろここにたどり着くまでに物件を揃えたりするほうが大変だと思います。

開業までのロードマップの最終到達地点となりますので、しっかり規定に反していないかを噛み締めながら書き込みましょう。

次回、第三回申請書書いてみた、運行管理体制編↓↓

まとめ

・事業計画は、用意したもののスペックを書き込むだけでヨシ!
・書き込みながら、要件から外れていないか確認すれば尚ヨシ!
・書き込んだ物を証明する書類を添付する!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。