通称便利屋タクシー、介護タクシー救援事業

前回の記事にて、介護タクシー及び一般のタクシーも「救援事業」という名の便利屋を行うことが出来ると紹介させて頂きました。

運輸局に計画書を提出することによって、その計画が運送業などの他の許可が必要な事業に支障が出ない内容であれば、その事業を行うことが出来ます。

全ては網羅できませんが、調べる限り今救援事業を行っている業者さんが行っている事業をあらん限り調べてリスト化してみました。

救援事業で出来ることリスト

・病院の予約代行
・病院の付き添い
・安否確認
・薬受け取り
・買い物代行
・忘れ物受け取り
・両替代行
・電球交換、家電の修理
・スマホの設定代行
・家具移動の手伝い
・公共料金の払込代行
・ガス元栓確認
・役所・銀行への手続代行
・冠婚葬祭の付き添い
・お墓掃除、お墓参り代行
・切符やチケットの予約購入代行
・草むしり、草刈り等の庭仕事代行
・ペットの散歩代行
・車いすの修理点検
・家事全般、掃除代行
・お話相手
・親の介護施設への届け物
・除雪
・灯油配達

上記はあくまで例です。まだまだこれ以外にも違う業務を行っているタクシー事業者様が居るかも知れません。

ただ、上記のようなことが合法的に可能ということを覚えてくと、なにか新しい商売に結びつけることが出来るかもしれないということです。

既に介護タクシーで地元に知名度が出来ていている、ある程度お客さんがついている等の場合は、上記の事業はじめましたとして広告してみると、サイドビジネスとしての副収入が狙える他、介護タクシーでないと動けない様な方への力になることも出来、社会貢献度の高い活動が可能になるでしょう。

計画書に書いた事以外はやってはいけないのか

基本的にはダメです。

加えて、上記のこと全部やると言ってもおそらく1人~数名でされている介護タクシー事業者ではリソースに限界があるので、上記のリスト内から何をするかをピックアップして決めるのが賢明です。

因みに下記のような条件があります。

(1) 本来のタクシー事業の遂行を妨げるものでないこと。
(2) 救援事業は、タクシー事業ではないが、タクシーの事業用施設を使用して行うものであるので、これらの救援事業に使用するタクシー車両、事業運営方法等を記載した計画書を陸運支局長あて提出すること。
(3) 救援事業の業務遂行のために走行する場合はタクシーメーターを使用しないものとし、「救援」の表示をすること。
(4) 救援事業の営業区域は、タクシー事業区域を越えるものでないこと。
(5) 救援事業遂行中の走行キロは、タクシー事業の走行キロに含めてはならないこと(区分して記録すること。)。なお、救援事業に関連して旅客輸送の申込みがあり、これに応じて旅客輸送を行った場合には、通常のタクシー事業における実車として取り扱うものとすること。
(6) 救援事業の会計処理はタクシー事業とは明確な区分経理を行うこと。① 救援事業の収入は、タクシー事業の運賃・料金収入等とは明確に区分して処理すること。② 救援事業に関連する人件費、車両運行費、減価償却費等の共通経費は、原則として所要時間比率で配分すること。この場合の所要時間比率の算定のため、救援事業遂行中の時間をタクシー事業遂行中の時間と区別して記録しておくものとすること。③ 資産・負債等についても同様とすること。
(7) 当該事業の営業実績を記載した報告書等を定期的に陸運支局長あて提出すること。
(8) 救援事業の料金は、タクシー運賃・料金とは無関係とすること。
(9) タクシー利用者の利便に影響を及ぼす程救援事業のウエイトが大きくなってきた場合は、当該事業専用の施設を設備すること。

近畿運輸局「タクシー事業者が行う救援事業等について」より抜粋

救援事業についても、毎年事業報告が義務付けられていますので、報告の上でやってはいけないことがあれば注意が入ります。

自分がやりたい事業が、これらの決まりに抵触していないかが不安な場合は、運輸局に問い合わせるのが一番確実です。

やってはいけない事の例

例えば下記のような例が挙げられます。

荷物を運ぶ。1つ○○円で集荷を募って貨物運送業のような事を行う。

貨物運送業をやりたい場合は貨物運送業の許可が必要になります。
30分○○円での買い物代行や、灯油の購入代行のような業務が限界です。

販売行為

予め買ってくる物を依頼者から頼まれて買いに行く事が限界です。既に仕入れいてる物を利用者に売ったりする事については、無資格販売等該当することがあります。例えばお酒なんかは販売に資格が要りますので、無資格販売になりきつい罰則があります。

危険物の取扱い

灯油の購入代行が出来ますが、灯油は200リットル超えると危険物を取り扱う資格が必要になります。他に火薬や毒物劇物みたいな物を扱うにもそれ相応の資格が必要になります。

ちなみに灯油のポリタンク1つは18リットルだそうですので、あまりないとは思いますが数十件のお宅の分をまとめて買付代行等になると問題が出てくる恐れがあります。

大まかに言いますと、他の資格が必要な事は便利屋の資格では出来ないということです。それを取り扱える資格を持った上で、登録や許可を受けて扱わなければなりません。

上記3点はあくまで一例になりますので、上記のリスト以外の事でも新しいビジネス形態を思いついた場合は、事前に運輸局に相談しておくと確実です。

介護タクシー関連事業

下記のような事業を紹介しています。良ければご覧くださし。

・民間救急事業
・救援事業(便利屋タクシー)
・「タク配」フードデリバリーサービス
・高齢者訪問介護
・障害者居宅介護

まとめ

・救援事業は便利屋業務を可能とする。
・他の資格や許可が必要な事についてはやってはいけない。
・タクシー業務に支障が無い範囲で行う
・タクシーに対するウェイトが大きくなってきた場合は、専門の事務所等施設を設ける。

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

オフィスたかはし料金表

・現在働いているが、介護タクシー事業者として独立したい
・現在介護事業所、福祉事業所を運営しているが、業務を拡大したい
・現在介護タクシーを運営しているが、運営を効率化したい、書類関係は外注したい

下記のメールフォーム及び電話FAX等でご相談下さい。

・現在介護タクシーを運営しているが、増車・車庫増・増員・人事異動等を行いたい

ヒヤリングを行い、手続きを代行させていただきます。

・既に独立する事は決めているが、何から取り組んでいいかわからない

この場合は弊所から開業に向けての準備物、準備事項等をリスト化してご案内します。
その中で、弊所でも可能なこともご提案します。車、車庫、人事、営業所など、経営にかかわる事は事業者様で決めて頂き、それらを書類化して役所へ提出、許可取得の流れになります。

事業者様と二人三脚で許可、運輸開始まで進めます。まずはお気軽にご相談下さい。

対応地域


対応地域小・対応強化地域:迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域:日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黄色):ご相談下さい。

・これ以外の地域:ZOOM、出張等ご希望あれば対応させて頂きます。

大阪全域、その周辺の京都亀岡以南、奈良市周辺、兵庫阪神地域は迅速対応。近畿2府4県の近畿運輸局県内については特に丁寧に対応させていただきます。

メールフォーム・連絡先はこちら

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。