介護タクシー増車の変更申請

開業許可も下り、運輸も開始し、順調に事業を続けて行くにあたり「増車したい」「増車のために車庫を借りたい広げたい」等が出てくると思います。

介護タクシーや許可事業なので、人事や事業に変更がある時は変更届や変更申請をしなければなりません。

え、そんな報告がいるの?会社の内部の事なのに?と思うかもしれません。

では、増車したいとする時には役所へどんな報告や申請が必要なのでしょうか。大阪で介護タクシー開業運営を専門としている行政書士が徹底解説します。

この記事を最後まで読むと、増車に必要な手続きや、申請しなければならない事がわかります。

介護タクシーの増車のための手続き

介護タクシーを営業するにあたって、何かを移動させる、何かを増やす減らす等の事をする時は、変更届が必要か確認しましょう。

人の移動、交代、施設の移動拡大については大体の場合必要です。

運輸局に届けないと、最悪罰金までありますので必ず確認しておくようにしましょう。

変更申請は、書類だけで言うと結構な営業許可申請に負けず劣らず、結構なボリュームを書かなければなりません。

どんな時に変更届が必要かは、下記の記事御覧ください。

今回は、仮に営業車を一台増車したいという時には運輸局にどんな手続をすればいいかを、実際に記入しながら見た以降と思います。

営業車を一台増車する

前回開業許可申請を書いてみたについては、人員2人、営業車1台で始める想定で書きました。

前回、営業許可申請書を書いてみた第一回。

ではそこから営業車を一台増やす事を想定して書き込んでいきます。

営業車を増やす手順

graph TB A[車庫を用意する<br>営業車を用意する]--> C[車庫を拡大するという事業計画を申請する<br>その際に増車も含む申請書も出せる]--> D[車庫拡大の申請が通る]

主にこういった順番になります。

注意点としては

  • 車庫の契約は未来の日付でOK
  • 営業車は見積もりでOK

なので、車庫は可能なら2~3ヶ月後または「許可が下りたら」の条件付き、営業車は見積もりだけ取って、車庫拡大申請が取ったら買うようにすると確実です。

車庫の拡大は事業の拡大になるので、事業計画の変更が必要、既に拡大された車庫に増えた車を置く事は届出だけで出来ます。

運輸局のHPでダウンロード

近畿運輸局の場合は、エクセルファイルで落としてこれます。

グーグルクロームの場合は、丸枠をクリックすると、矢印の所にダウンロードされてきます。

ダウンロードされたファイルを開くとこうです

赤枠の中が申請書の種類になるのですが、記入例とかもありますので、自分で記入すべき物は全部で11枚になります。

書くだけではなく、撮影した写真を貼ったり、撮影した方角を矢印で示した平面図等を作ったりと、ただただ記入だけでは済まないようなものもありますので、現場に赴く必要も出てきます。

表紙を記入

手始めに表紙を記入します。表紙はいつものように名前と住所だけです。

赤が記入した所です。右上を記入すると、黄色の枠内が勝手にうまるようになっています。

あとは、エクセルファイルに用意した車庫と車を用意したとおりに書き込んでいきます。

次回は具体的な記入方法をご紹介します。

増車したい時にどういう手続をしたらいいかわからない時は

  • 緑ナンバーはどうつけるの?
  • 役所になにか届けるの?
  • 車庫を確保したら届け出るの?

などなどの疑問が出てきます。役所の手続き関係については、行政書士が得意としておりますので是非ご相談下さい。下記メールフォーム、LINE、お電話などでお気軽に!

行政書士オフィスたかはしメールフォーム

介護タクシー事業変更届記入例

介護タクシー車庫拡大~増車については、下記の記事(全11回)に渡って解説しています。申請書の記入方法や必要添付書類が一通りわかります。

手続きの書類に記入することがなにかわかると、揃えなければならない物がわかります。是非ご覧ください。

弊所に依頼するメリット

弊所に依頼するメリットは「15時間」「8日間」の短縮です。

介護タクシーを開業するに辺り、施設人員資金を集め終わった時点からの大まかな作業時間は下記です。

工程所要時間
施設の測定・平面図の作成3時間
施設、車庫の写真撮影3時間
幅員証明取得申請1時間(10日待ち)
車庫及び前面道路の測定・宣誓書作成3時間
申請書を調べながら記入6時間
合計15時間

道路の測定(3時間)と幅員証明の取得(1時間)はどちらかになります。幅員証明の無い自治体の場合は実地測定のほうが早い場合があります。(大阪市等)

申請書の各欄を埋めるため、調べたり運輸局に電話したりしていると、推定合計15時間、勿論他の事も並行して行うので、申請関係に1日2時間作業しても10日くらい必要になります。

これを弊所がまとめて請け負います。役所からの書類の補正対応等も全て弊所が行います。まずはお気軽にご相談下さい。

まとめ

  • 車を増やしたい場合、先ずは車庫を増やす
  • 車庫を増やすには事業計画を変更しなければならない
  • 車庫を増やした後に自動車を増やすことを届け出る

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 開業前の準備物について
  • 開業申請手続きについて
  • 開業許可後から運輸開始の準備について
  • 増車、車庫増床、人事の変更届について
  • 事業譲渡、法人成りについて
  • 事業拡大、関連事業について
  • その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ