運輸開始届、指導主任者の正式選任

運輸開始届の記入して提出する書類最後の一枚に、指導主任者の選任になります。

開業申請書の時に「営業許可された暁には、指導主任者はこの人を選任します」という書面を提出しています↓

なので、ここで急に変えてはいけません。そこで任命する予定の方をここで正式に選任します。

指導主任者については、特に資格なども必要ないので、この用紙で正式に選任することになります。

指導主任者選任届

ご覧の通りです。

指導主任者とは

指導主任者とは、運転者、運行管理者、整備主任者を総合的に指導する立場になります。

指導は、指導要領に則って行い、どういう指導を行なったかを記録して保存します、保存するということは、何かあった時に提出を求められると考えていいです。

逆にちゃんと指導をしているのに書面に残さないと、指導していないことと一緒になるので、行なった指導はちゃんと書面に残しましょう。

指導要領とは

指導要領を定めます。指導要領を今から開業する人が一条から全部決める事は現実的に困難すぎます。

というわけで国交省に雛形が用意されています。カッコの部分に屋号を入れるだけで完成になります。

乗務員指導要領

指導要領については、保存義務がありますので、ひとまずこのカッコの中に自社名または屋号を記入して保存しておきましょう。

記入例

住所、氏名、代表者名、氏名又は名称は、そのとおり書き込みます。

選任年月日  :基本運輸開始届を提出する日が良いです。
指導主任者氏名:専任する方の氏名を書きます。
生年月日   :専任する方の生年月日を書きます。
兼職の有無  :ある場合は有に、無しの場合は無に○をつけます。
        運行管理者、整備管理者、運転者または法人の役職等と兼職する場合は書きます。
        法人の役職なんかを書く場合は、○○部課長とかだと何の役割かはわかりにくいので
        職務内容をかく欄もあったりします。

この書面は今回だけでなく、未来に指導主任者の変更や、補助者を増やしたりする時にも使うことになりますので、その時用の欄も用意されています。

覚えておいて、人事異動等を行う時には忘れずに運輸局に届けましょう。

まとめ

・営業許可申請の時に、選任予定であった人を正式に選任することを届ける
・指導要領は、まずは作って保存しておけばヨシ!
・指導主任者は特に資格は必要ないので、指導力の高い人を先にすればヨシ!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。