10月より義務化、アルコール検知器

2022年4月より、運送業(貨物・旅客いずれも)のアルコールチェックが義務化されました。

義務化される前から、大体の業者はおそらくアルコールチェックを行っているのですが、改めて義務化です。むしろ今まで義務じゃなかったのかというのが正直な所です。

特に個人事業主が多い介護タクシーの場合、それが義務であることの周知が進んでいません。

4月、10月と2段階での改正になります。詳細は下記のようになります。

2022年4月、アルコールチェック義務化

まずはアルコールチェックが義務化になります。下記の通りです。

・運転前後に酒気帯びの有無を目視等で確認
・運転者名、酒気帯びの有無、確認日時、確認方法、確認者名、使用した車の登録番号等を記録、1年保存

まずは目視でいいそうです。明らかに顔が赤いや酒臭い等目視でわかる範囲でチェックします。

これを記録しなければならないので、忘れないように記録しておくようにしましょう。

2022年10月、アルコール検知器義務化

2段階目は、アルコール検知器でのチェックが義務化されます。

・アルコール検知器を常時使用できるようにする。
・運転前後にアルコール検知器でチェック
・運転者名、酒気帯びの有無、確認日時、確認方法、確認者名、使用した車の登録番号等を記録、1年保存

10月からはアルコール検知器でのチェック、記録が義務化されます。アルコール検知器を忘れずに買っておくようにしましょう。

アルコール検知器の種類

・据え置き型

精度が高く、検査回数上限も高いです。
PC等につなげることで、自動的に記録を行ってくれる機能がある物もあります。

・携帯型

性能では据え置き型には負けますが、長距離トラックドライバーが遠隔でアルコールチェックを行わなければならないような場合に役立ちます。
単に数字が表示されるだけで、それをメモるなどして自力で記録しなければならないです。

介護タクシーの場合は大体営業所発車になると思いますので、据え置き型でもなんら問題ないと思います。

検査回数には1000回、5000回、10000回等上限があり、それ以上は検査出来ませんので、消耗品の性質が強いです。

価格は2000円~10000円程度です。

個人事業の一人ドライバーの場合、1000回上限のアルコール検知器を1日発着2回使うとしても500日、1年以上は使える計算になります。

あまり高い物でもないので、早めに用意しておきたいです。

検査の基準

出発前と、乗車終了後に行う点呼時に1回ずつアルコールチェックを行います。

基準は

・血中アルコール濃度0.3mg/ml
・呼気アルコール濃度0.15mg/L

となります。大体呼気で測りますので、0.15mg/L以上の数字が出たら乗車してはいけません。

白ナンバー営業車も対象に

介護タクシーは基本緑ナンバーなので、勿論対象ですその他

・自家用自動車有償福祉運送(ぶら下がり許可)
・施設等への無償送迎車

上記2種類は、白ナンバーなのですが、これらもアルコール検知器チェック義務化の対象内になります。

乗客を乗せるので、当然の措置とはなりますが、これも忘れずに行うよう気をつけてください。

アルコール検知器のメンテ

メンテの方法も法律で決まっていたりします。

毎日確認

・電源が入ること
・損傷がないこと

週1回確認

・酒気帯びじゃない人が使用して無検知であること
・アルコールを含有する液体を口内に噴霧して使用した時に、検知すること

これらのチェックが必要です。チェッカーが壊れていたら本末転倒ですので、メンテは上記の要領でこまめに行うようにしましょう。

購入のタイミング

営業許可が下りた後、運輸開始までに購入しましょう。

これがないと運輸が開始出来ないです。Amazonや楽天等で取り寄せることができますので、許可が降りたら発注しましょう。

まとめ

・2022年4月よりアルコールチェック義務化
・2022年10月よりアルコール検知器でのチェック義務化
・営業許可が下りたら、運輸開始前までにアルコール検知器を入手しておく

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

・開業前の準備物について
・開業申請手続きについて
・開業許可後から運輸開始の準備について
・増車、車庫増床、人事の変更届について
・事業譲渡、法人成りについて
・事業拡大、関連事業について
・その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ