救急車呼ぶか迷ったら♯7119へ相談

新型コロナウィルス流行前からですが、救急車の利用が逼迫しています。

本当に緊急性のある人は利用すべきですが、とりあえずで呼んでしまう例も多い、これが逼迫の原因の一つになっているとか。

ではどんな時に呼べばいいのかという事で、それを相談出来る所があります。

救急安心センター

救急安心センターというサービスがあります。これは行政が行ってくれています。

体の調子が悪いけど、救急車呼んでいいか迷う。そんな時は

電話番号「♯7119」

に電話します。病状を伝えると、救急車を呼ぶべきか、そうでないかを判断してくれます。

救急車の適正利用のための取り組みです。

最近始まったサービス

この「救急安心センター」というサービスは、2007年6月から東京で始まり、全国へ徐々に広がり始めています。

残念ながら、まだ全国で行っているサービスではありません。

今の所

18県/46県

の県で行っていますが、県でも一部しか行っていない所もあります。

下記の通り、まだまだサービスの普及が進んでいません。

※総務省消防庁のHPより抜粋

時間外に注意

都心等は大体24時間体制ですが、一部地域ではサービス時間が決まっています。

時間外に気をつけて下さい。

総務省消防庁、救急車の適正利用

まだまだ日が浅いサービスなので、全国24時間体制に早く近づけるようになってほしいですね。

救急車を呼ぶまでも無い時

救急安心センターでは、救急車を呼ぶか呼ばないかを判断してくれます。呼ぶ判断の時は119で救急車を呼ぶのですが、呼ぶまでもないと判断された時はどうなるのでしょうか。

救急車を呼ぶまでもないと判断されても、体の調子が悪い事にはかわりがありません。どのみち病院には行くのです。

その場合、民間の救急事業者を紹介してくれたりします。

♯7119から、指定の民間救急事業者を紹介

先日の記事にて「民間救急事業者(患者等搬送事業)」を紹介させて頂きました。

介護タクシーの許可に付随して、消防署で研修を受け認定してもらうと、緊急性を伴わない患者の病院への搬送が出来ます。

とは言っても、普通の介護タクシーでも患者さんを病院へ搬送することは可能です。

では何が違ってくるかというと

国自旅169号
⑤消防機関又は消防機関と連携するコールセンターを介して、患者等搬送事業者による輸送サービスの提供を受ける患者

国交省通達より抜粋

上記は「介護タクシーに乗せていい人」の5項目のうちの1項目です。

この「消防機関と連携するコールセンター」が119及び♯7119の事になります。

つまりこの民間救急事業者の認定を消防署から貰っておくと、コールセンターで「緊急性が無い」と判断された時に、まずは優先して認定している民間救急事業者を紹介してくれます。

ちなみに、今般の新型コロナウィルスについては「緊急性はない病院への搬送」がものすごく多かったので、民間救急事業者は大活躍したとのことです。

♯7119を拡散して下さい

話は戻りますが、♯7119というサービスについてはまだ知名度が低いです。

まずはこのサービスの知名度が上がらないと、救急車の適正利用が進まないわけです。

このサービスの周知が進めば、民間救急事業者という事業の知名度も上がり、さらに救急車の適正利用が進みます。

さらにはこのサービスの知名度が進めば、サービス自体が全国展開へと近づくかもしれません。

迷った時は♯7119へ!

まとめ

  • 119するか微妙な時は♯7119へ相談!
  • 救急車を呼ぶべきか呼ばなくていいか判断してくれる!
  • 緊急性が無い時は民間救急事業者へ!

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

介護タクシーの開業、運営に関する事、特にような事でご相談ありましたら、電話、下記メールフォーム、FAX、ライン等でお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 開業前の準備物について
  • 開業申請手続きについて
  • 開業許可後から運輸開始の準備について
  • 増車、車庫増床、人事の変更届について
  • 事業譲渡、法人成りについて
  • 事業拡大、関連事業について
  • その他介護タクシーに関する事

メールフォーム・連絡先はこちら

介護タクシー開業運営専門の行政書士が直接丁寧に対応致します。

ご相談の回答や折り返し連絡以外で弊所よりお客様へ連絡することはありません。お気軽にご相談下さい。

電話:06-6995-4313
FAX:06-6995-4316


友だち追加

LINEは「友だち追加」をタップ後、ご連絡よろしくお願い申し上げます。

ZOOM等で希望のお客様も、下記メールフォームまでご連絡頂ければ対応させていただきます。

メールは24時間以内に必ず返信、電話に出られない場合は折り返しさせていただきます。
(携帯番号からの折り返しの場合があります)

この記事は行政書士が執筆しています

当記事は、役所の手続きの専門家で、介護タクシーの開業運営の専門家でもある行政書士・高橋健治が執筆を行っております。

代表行政書士プロフィールへ