介護タクシー開業必要書類、役所関係

前回に引き続き、営業許可の申請には申請書の他に、申請書に書いてある事が本当かどうかを証明するために書面を添付します。

前回は、現地に行って測定したり写真を取ったりしてそれを証明しましたが、今回はそれを証明するための書類を役所で発行してもらいます。

主に下記の3種類です。

・土地、建物の登記簿謄本(自己所有の土地建物の場合)
・戸籍抄本
・車庫前面道路の幅員証明書

土地建物の登記簿謄本

自分の土地、自分の建物を営業所、車庫、休憩所として使う場合は登記簿謄本を取り寄せます。

賃貸の場合は必要ありませんが、その場合は賃貸借契約書(申請日より3年間借りている事の証明)が必要です。

登記簿謄本は「地番」がわかれば法務局で取れます。

地番はどうやって調べるかというと

・法務局で聞く
・法務局のHPに載っていることがある
・ブルーマップで調べる

この辺りが一般的です。この3通り試せば大体わかります。

ブルーマップとは、法務局や国立図書館等に備えられている、住所から地番を割り出す為の地図です。ネットで見るサービスもあります、住所がわかっているのであれば登録して660円でお目当ての地番を知ることもできます。

JTNマップ:地番検索可能なブルーマップネット配信サービス

登記簿謄本は、地番がわかれば法務局で取れますし、登記ねっとでも取ることができます。

登記ねっと

登記ねっとはインターネットサービスですが、24時間やってなかったり土日やってなかったりする事があるので注意が必要です。

戸籍抄本

戸籍謄本(こせきとうほん)はよく聞きますが戸籍抄本(こせきしょうほん)とは、少し耳馴染みがない言葉です。

戸籍謄本はその家全体の事が乗っていますが、戸籍抄本は戸籍謄本の一部、つまり個人の人の分だけが乗っています。

市役所で取れます。郵送でも取ることが出来るので、平日役所に行けない場合は郵送で取り寄せましょう。

車庫前面道路の幅員証明書

市役所で取り寄せる書類で、これが一番手がかかります。

幅員証明書の取得ですが、各自治体によって必要書類がまちまちです。

・幅員証明書申込書(絶対必要)

これに加え

・住所が特定できる見取り図(グーグルマップでも可)
・住宅図のコピー(グーグルマップでだめな場合)
・公図(法務局)
・地籍図(市役所固定資産税課)
・賃貸契約書の写し(賃貸の場合)

等、取りたい自治体によって必要書類が増えたり減ったりするので、事前に連絡するか、役所のHPで調べるかをして、事前準備の上で役所に行きましょう。

特に公図や地籍図などは、役所で書類を貰うために役所に行くことになるので、手間が一つ増えます。

申請してから発行まで1週間かかりますので、他の準備に先んじてやって置くことをオススメします。



以上が役所で取り寄せる書類です。幅員証明書などは、役所をはしごしなければならない事もあるので、多少手間です。郵送で申請して他の準備を並行して行うなどして、要領よく時間を使っていきたいものです。

まとめ

・自己所有の土地は登記簿を取ればヨシ!
・戸籍は自分の分の抄本だけでヨシ!
・幅員証明書は時間がかかるので、先に申し込みをしておけばヨシ!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。