介護タクシー緑ナンバー

介護タクシーは社会的な要望からなのか、地域からの要請なのか、制度上かなり優遇されており、他の運送業に比べてかなり規制がゆるくなっており、営業許可が非常に出やすくなっております。

ただ、しかしながらやはり、人を載せてお金をもらう場合、緑ナンバーで営業しなくてはなりません。

一部例外的に白でもいける業態もありますが、あくまで例外。基本は緑ナンバーが必要です。

緑ナンバー

緑ナンバーまたは黒ナンバーは、人又は荷物を載せてお金をもらう仕事をする場合には、必ず必要になります。

無許可でタクシー業を行う事を通称「白タク」と言われるのは、ナンバープレートが白であることからその呼び名がついているそうです。通常タクシーのナンバーは緑のはずです。

緑ナンバーは運送業許可を取った事業者が、その事業者名義で車検証を貰い、それにともなって事業用自動車として登録がされ、結果ナンバープレートが緑になります。

いつ緑ナンバーにつけかえる?

緑ナンバーは、運送業の営業許可が出た後、運輸開始の間につけかえます。

1,運輸支局に行き、輸送部門に「事業用自動車等連絡書」を提出します。輸送部門でハンコをくれます。

2、ハンコをもらったら車検証の写しと一緒に「事業用自動車等連絡書」「手数料納付書」を登録部門に提出します。

3,検査登録します。検査はいわゆる車検です。車検証が発行されます、車検証が個人名義ではなく事業者名義に変わります。

4、このタイミングで登録され、ナンバーを緑ナンバー付け替えます。

5,古いナンバーを返却します

大まかにはこのような流れになります。

許可が出たらすぐ申請できますが、6か月以内にナンバープレートの変更やそれ以外の準備も進め、運送業を開始しないと、許可が切れて再び取り直しになりますので注意して下さい。

封印

陸運局に直接持ち込んでもよし、陸運局指定の民間車検場でもナンバーの付替えは可能になります。

この時に「封印」という、壊さないと取れない、壊すと二度とつけることが出来ないネジでナンバーを取り付けます。運輸局でも、運輸局指定の民間車検場でもこれはやってもらえます。

この「封印」という行為は、ある一定の人しかすることができないようになっています。ナンバーはちゃんと運輸局指定の工場でやってもらうことにしましょう。

そして、勝手に外すとナンバー変造偽造で罰金100万取られますので、注意して下さい。




以上が緑ナンバーを取るための流れです。

運送業と言えば夢の緑ナンバーみたいなイメージが結構根強いです。特に貨物運送の開業を目指す方は、緑ナンバー取るためにがんばるぞという雰囲気があります。

介護タクシーはちょっとイメージが違うかもしれませんが。やはり緑ナンバーは他の車と区別化されていてちょっと誇らしい気持ちになれます。

ニ種免許を取ったからには緑ナンバーの営業者を運転することが本懐ですね。

まとめ

・営業許可が下りたら、事業用自動車等連絡書にハンコを貰う。
・車検証と一緒に運輸局に提出すればヨシ!
・車検と登録で、名義を事業者に変える!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。