会員限定タクシーと介護タクシーの違い

介護タクシーは基本的には依頼さえあればどこに行ってもいいですし、体の不自由な方限定ですが、誰を乗せてもいいです。

しかしながら、福祉事業所が運営できる運送事業についてはもう一種類あります。

・福祉事業所が運営する
・事業所の利用者限定
・送迎する場所が決まっている

という条件の運送事業があります。

特定旅客乗用自動車運送事業

上記の条件で乗客を有償で運送する運送業を「特定旅客乗用自動車運送事業(介護事業)」といいます。

ちなみに介護事業となっていますが、障害福祉事業でも可能です。

長いので、以下「特定運送」とさせていただきます。

ちなみに特定運送は

・福祉事業所の利用者の自宅~病院への送迎
・工場、学校、施設などへの送迎

等に限定して許可がおります。

介護タクシーとの違い

介護タクシーは「一般旅客乗用自動車運送事業」と言います、特定と一般の違いになります。

主に下記の違いがあります。

介護タクシー特定運送
行き先乗客の自由自宅~病院など予め決めた場所
料金タクシーに準ずる比較的自由
開業個人で可能介護、障害福祉事業者の指定を受けている法人
乗客障害者、要支援者、要介護者なら誰でも福祉事業所の利用者限定

特定、つまり乗客も特定の乗客、行き先も特定の行き先のみを有償で運送するのが特定運送です。

その他の違いとしては

・法令試験がない
・残高証明の提出がない
・タクシーメーターが要らない

等があります。

つまり、開業の許可申請のハードルが若干下がっています。

介護保険、国保連への請求は両方可能

介護タクシーも特定運送も、運賃については利用者の全額自費負担になります。

その上で、乗降介助料金を頂くのですが、それについて介護保険や国保連への請求をすることが出来ます。

勿論、ケアマネージャーや相談員が作るプランに入れてもらうことが必要です。

施設への無償送迎は許可が要らない

介護タクシー及び特定運送が活かせるのは訪問介護や居宅介護等の、利用者の自宅へ出向いての生活支援系サービスです。

利用者宅~病院への送迎を出来るというのは、かなりの強みになります。

施設系の介護事業所について、施設の送迎をリフト付きの車でしている所がありますが、施設への無償送迎については、有償なら許可は必要ですが、無償送迎なら許可は要りません。

では利用者宅~病院の送迎も無償でやれば許可はいらないのかと問われると「そこだけ無償という言い訳は通用しない」という判例が出ていますので、自宅~病院送迎をしたいのであれば必ず許可が必要です。

特定運送のメリット

下記のメリットが考えられます。

・利用者の運賃を安価にできる

特定運送の運賃は、認可制ではなく届出制になるので、距離や時間によって運賃を上げなくてもいいです。比較的自由に決められます。

ただ、毎年の事業報告や確定申告はありますので、赤字の垂れ流しは良くないです。

原価として

・運転手の人件費
・ガソリン
・保険
・車のリースまたは購入費
・車庫や施設の家賃
・車の維持費

等の原価を計算し、見込める利用者の数などを考慮して利益が出るような形態を取り、料金を決めましょう。

それでも比較的介護タクシーより安くなる傾向にあります。

ぶら下がり許可も取れる

ぶら下がり許可、正式には「自家用自動車有償福祉運送」というサービスがあります。

・介護事業者、または障害福祉事業者の指定を受けている
・介護タクシーの営業許可も持っている
・緑ナンバーの営業車と二種免許保持の運転手が一人以上居る

の条件を満たす事で

・ヘルパーさんの自家用車で、利用者を自宅~病院などの特定の場所への送迎が出来る。

というサービスがありますが、これは介護タクシーの代わりに特定運送の許可を取っても取ることが出来ます。

特定運送のデメリット

下記のデメリットが考えられます

自由度が低い

乗客についても、目的地についても全て「特定」になるので、かなり自由度は低いです。

その分安く提供出来ますが、運送事業単独で拡大する事がかなり難しいです。

あくまで付随事業、福祉事業所の運送部門というポジションになるので、本業の福祉事業が拡大することで、運送事業も拡大していく形になります。

翻って、介護タクシーについては、単独で新規の乗客を取ることも出来るので、運送事業単独での拡大も見込めます。

許可の申請が煩雑

上記、介護タクシーの許可よりハードルが若干は低いです

・法令試験免除
・残高証明提出なし
・タクシーメーター必要なし
・運賃届出制

ですが、やはり運送事業ですので、集める書類の数と提出する申請書の枚数については、上記4点のみの違いで、結構な量が必要です。

申請してから3ヶ月(1ヶ月長い)待ちますので、時間も結構かかります。

今後の事業展開によって選ぶ

介護タクシーか特定運送かどちらが良いかは

・福祉事業をメインに、運送は付随事業にする
・運送事業単独でも拡大をしたい

で決めるのが良いと思います。

まとめ

・特定運送は、乗客と送迎場所が決まっている運送業
・福祉事業所を運営している法人のみが許可を取れる
・運送業を付随事業にするか、単独事業で拡大したいかで使い分ける。

大阪近辺で介護タクシー開業運営支援やってます

オフィスたかはし料金表

・現在働いているが、介護タクシー事業者として独立したい
・現在介護事業所、福祉事業所を運営しているが、業務を拡大したい
・現在介護タクシーを運営しているが、運営を効率化したい、書類関係は外注したい

下記のメールフォーム及び電話FAX等でご相談下さい。

・現在介護タクシーを運営しているが、増車・車庫増・増員・人事異動等を行いたい

ヒヤリングを行い、手続きを代行させていただきます。

・既に独立する事は決めているが、何から取り組んでいいかわからない

この場合は弊所から開業に向けての準備物、準備事項等をリスト化してご案内します。
その中で、弊所でも可能なこともご提案します。車、車庫、人事、営業所など、経営にかかわる事は事業者様で決めて頂き、それらを書類化して役所へ提出、許可取得の流れになります。

事業者様と二人三脚で許可、運輸開始まで進めます。まずはお気軽にご相談下さい。

対応地域


対応地域小・対応強化地域:迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域:日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黄色):ご相談下さい。

・これ以外の地域:ZOOM、出張等ご希望あれば対応させて頂きます。

大阪全域、その周辺の京都亀岡以南、奈良市周辺、兵庫阪神地域は迅速対応。近畿2府4県の近畿運輸局県内については特に丁寧に対応させていただきます。

メールフォーム・連絡先はこちら

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。