介護タクシーの建物法令宣誓書

介護タクシー申請書を書いてみた第6回は宣誓書です。

宣誓書は5枚あります。記入はと言うと名前と住所と名称と日付書くだけです。

押印廃止のお陰でハンコすら要りませんが、ということは名前は自署の方がいいです。

こればっかりはエクセルでは記入しないで印刷して、手書きしましょう。

私が作った下記のデータは手書きしていません、すいません。

宣誓書1

介護タクシー申請書宣誓書1

これについては、以前の記事にも書きましたが、同様の内容で宣誓書を一筆求められるようです。

この、車庫、休憩所仮眠施設、営業所の施設要件全てに「建築基準法、都市計画法、農地法、消防法に違反しない建物」と書いてありました。

要は建物がそれらの法律に違反していることが発覚したら許可取り消しするぞという事です。

すごく大雑把におさらいします。詳細は各記事を御覧ください。

建築基準法

要は違法建築の建物はダメということです。

・建ぺい率、容積率オーバー
・境界ギリギリに建っている
・増築して違法になった
・法改正で違法になった

主な例はこのあたりになるでしょう。細かいこともあると思いますので、借りる場合は不動産屋さんに相談、自分の所有の建物を使う場合は一通りの書面を取り寄せて調査をしましょう。

↓詳しくはこちら

農地法

要は農地に建物を立ててはいけませんということです。

農地は日本の食糧事情問題も絡んでくるので、許可なく農地を農業以外のことに使ってはいけない法律になっています。

・農業委員会に農地登録されている
・登記簿の地目が「畑」「田」などになっている。

上記に当てはまる場合は要注意です。

↓詳しくはこちら

都市計画法

土地は都市計画法で、区域が分かれており、

・建物を立てて欲しくない所
・建物を新しく建てて良い所

にわかれます。そして「建物を新しく建てて良い所」については

・高い建物を立てて欲しくない住宅地
・高い建物を立てていい住宅地
・商業地
・工業地

などのように13の区域に分かれます。

用途地域に合っていない建物は都市計画法に照らして違法となります。

どこが何地域かは大体行政で公開されていますが、これから借りるということであれば、不動産屋さんにじゅうじゅう相談しましょう。

↓詳しくはこちら

消防法

建物が消防法に叶っているかが規定となります。

・消火設備
・警報設備
・避難設備
・その他設備
・防火設備
・廊下の幅
・避難経路の設定

この辺りが規定になります、建物の規模、種類によって必要な設備が変わってきます。

消防法は本当に複雑なので、不動産屋さんに相談をしましょう。もう持っている建物の場合は、消防署でも相談ができます。

↓詳しくはこちら

以上が建物に関連する法律です。これに違反していると許可を取り消すけど文句ないな?という宣誓です。

詰まる所、建物を申請前に厳密に調査しません、役所から調査の人がやってくる事はあまりありません。宣誓させて後から発覚したときに許可を取り消すというスタイルです。

どのみち、法令違反の建物は色々と危ないので事前にしっかり調査するか、不動産屋さんで違反していない建物を最初から選んでもらうように相談に乗ってもらいましょう。

次回、申請書書いてみた第7回は欠格事由に当てはまっていないことの宣誓書です↓↓

まとめ

・車庫、営業所、休憩所等の建物が法令に違反していない事の宣誓をする。
・建築基準法、農地法、都市計画法、消防法の4本に違反しないようにする。
・借りる前にくれぐれも不動産屋さんに相談するのがヨシ!
・自分の建物の場合は、登記簿や検査証、あらゆる手段で調査する!

↓オフィスたかはしはこれが出来ます

・介護タクシー営業許可の要件のヒヤリング
 (許可が取れる条件に当てはまっているか、チェックリスト用意しています)
・介護タクシー営業許可申請の代行、必要書類の収集、作成。
 (可能な限り全部お任せで¥200,000から)
・その他営業許可に向けての総合的なご相談。
 (電話、メール、ZOOM等も対応しています)

下記、当事務所の料金表になります。目安となりますので、お見積り等ご依頼いただければ即時対応させていただきます。



対応地域

・対応強化地域(赤):迅速対応させていただきます!

・準対応強化地域(橙):日程調整の上対応させていただきます。

・対応地域(黃):ご相談下さい。

下記までお問い合わせ下さい

下記のようなご相談、ご依頼、是非ご連絡下さい。

・自分が介護タクシーを開業できるか知りたい
・介護タクシー開業許可までのロードマップが知りたい
・介護タクシー開業許可手続きを代わりにやって欲しい
・すでに開業していて、増車増員、人事異動をしたい。
・他、変更することに役所へ手続きが必要かを聞きたい

お電話、FAX、または下記をクリックしてメールフォームからメールしていただければ回答します。

相談初回1時間無料(2時間目以降、1時間3,300円)

ZOOM等で希望のお客様、対応させていただきます。